同行援護従業者養成研修

同行援護従業者養成研修とは:

視覚障がい者(児)に対して適切な外出の支援を行うため、

同行援護従業者に必要な知識及び技術を有する者の養成を図ることを目的とした養成研修です。

2018年4月からの法改正に伴い、申込みや問合せが多数きております。
状況に応じて会場や開講を増設の予定です。まずはお問い合わせを。

 

研修内容、会場、期間:

春から順次開催、日程及び会場は下記のとおり。

一般課程(講義+演習 20時間以上)

応用課程(講義+演習 12時間以上)※応用課程は、一般課程修了者に対して実施されます。

2019年度 一般課程

一般課程 県北コース1

日程:クリックすると表示されます。

一般課程 宮崎コース1

日程:クリックすると表示されます。

 

一般課程 宮崎コース2

日程:クリックすると表示されます。

一般課程 宮崎コース3

日程:クリックすると表示されます。
2019年度 応用課程

応用課程 宮崎コース1

日程:クリックすると表示されます。

応用課程 宮崎コース2

日程:クリックすると表示されます。

応用課程 宮崎コース3

日程:クリックすると表示されます。

 

 

受講資格:

宮崎県に在中する者で、同行援護に従事することを希望する者、
従事することが確定し ている者又は既に従事している者とする。

 

 

費用:

受講料は基本一般課程と応用課程を通して34,000円、別途テキスト代2,592円(税込)。

 

詳細についてはこちら

同行援護従業者学則

クリックするとPDFファイルが開きます。※ 2019/04更新

 

受講申込書:

受講申込書

クリックするとPDFファイルが開きます。※2019/4更新

 

 

研修課程及び使用する教材

(1)研修課程

別添カリキュラムのとおり

一般:基本的な障害福祉制度の視覚障がい分野についての

   基礎知識を学びます。基本的な技能を学びます。

応用:応用技能を学びます。公共交通機関を利用した技能を

   学びます。サービス提供責任者に必須の資格となります。

(2)使用する教材

・「同行援護従業者養成研修テキスト 第3版」(中央法規)

 

受講手続(募集要領等)

  • 受講申込書の提出
  • 研修にかかる費用の納付(やむを得ない理由がある場合は研修期間内に完納すること。)

 

受講定員

各会場各回 12名

 

研修欠席者に対する補講の方法及び補講に係る費用等の取扱い 

研修欠席者は、欠席した内容と同様の知識が得られる時間の補講を受けたのち修了証明書を交付する。

補講に係る費用は、1回1,000円とする。

 

研修修了者名簿の取扱いについて

研修の修了者名簿は、宮崎県知事に提出され管理される。